スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【陸上】東日本女子駅伝で折り返し点を間違えて山形チーム失格「分かりにくく、かわいそすぎる」などと山形県チームへの同情が広がる

1 禿の月φ ★ 投稿日:2012/11/12(月) 19:45:27 ID:???0

東日本女子駅伝で折り返し点を間違えて山形チーム失格

東日本女子駅伝  

2012年11月11日に福島市で開催された東日本女子駅伝で、コースをショートカットしたランナー
が出た山形県が失格になった。 ショートカットといっても、折り返し点を示すポールの後ろではなく
前を通っただけ。ネットでは「進路が分かりにくかった」
「運営の怠慢が招いたミスだ」などと運営サイドへの批判と、山形県チームへの同情が広がっている。

■ポールの前を通るか後ろかの僅かな距離だった
今回で28回を迎える伝統ある駅伝大会で、17都道県と、特別編成の東日本大震災の復興を願う
「チーム絆」の計18チームが参加したが、問題のシーンはスタートから1時間10分過ぎに起きた。
神奈川県チームを先頭に折り返し点を回り、すぐ近くにある第5中継所で次の走者にたすきが渡された。
先頭から遅れること2分30秒、12番手の山形の走者が現れた。前には誰も走っておらず、 折り返し点
を示すポールの前を通過し、次の選手にたすきを渡すと、差し出された大きなタオルに倒れこんだ。

ポールの前を通ったとき、沿道で応援していた観客が一斉に驚いた顔になり、たすきを受けるため待っていた
山形の選手も不思議そうな表情を浮かべていた。このショートカットによって山形のチームは失格となった。

ネットでは、ショートカットの違反をしたといっても、ポールの前と後ろという僅かな距離である上、
そもそもは折り返す場所が分かりにくく、選手を正しく誘導しない怠慢があったのではないか、などと
運営サイドに対する批判が続出し「山形の選手がかわいそうだ」との大合唱になった。

山形チームに42秒遅れの北海道チームが15番手で折り返し、この選手もポールの前を通過しかけた。
沿道から注意が飛んだためポールの後ろを無事に回ることが出来た。こうした実態を考慮したのか、
大会関係者が折り返し点を示すポールの前にあるパイロン(円錐形の柱)の位置を変更した。
(>>2以降に続きます)

ソース:J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/11/12153587.html?p=all

関連ニュース
【駅伝】<東日本女子駅伝>前回覇者の神奈川が2時間16分16秒の大会新記録で
2年連続5度目の優勝!
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1352694944/



スポンサーサイト

【調査】同時刻にサッカーと野球の日本代表戦! 観戦するならどっち?

1 宵宮祭φ ★ 投稿日:2012/11/06(火) 18:30:35 ID:???0

同時刻にサッカーと野球の日本代表戦! 観戦するならどっち?

サッカー 99   プロ野球

————————————————————
サッカー・・・63%
野球・・・・・37%


同時刻に野球とサッカーの日本代表戦が開催されたときに観戦するのは「野球」と
答えた人は37%、 「サッカー」と答えた人は63%という結果になりました。
「野球」派は、プレイしたりテレビで観戦したりして幼少から野球に親しんでいる人が多い様子。
またルールもシンプルで、攻守がわかりやすいために、テレビ観戦しやすいところが支持される
理由のようですね。「サッカー」派のコメントでは、試合時間がほぼ決まっているから
観戦スケジュールを立てやすいという意見が多かったです。また、野球とは違って攻守が頻繁に
代わることで試合がエキサイティングであるという意見も。今回の質問の「日本代表」といえば、
野球よりもサッカーのほうがイメージが強いようです。

<コメント(一部抜粋)>
【「野球」派のコメント】
●やっぱり昭和30年代生まれ、野球ですね。(50代・男性)
●サッカーは得点がないと今一つ。野球は打者・投手・守備とも見てて楽しいし、わかりやすい。(30代・女性)
●野球の方が、1球1球に緊張感があり、息をつく時間もある。サッカーは油断していると
ゴールしていたり、また真剣に見ても結果として0点引き分けとかあり、疲れる!(30代・男性)


【「サッカー」派のコメント】
●野球は攻守交代とか間があるので、目の離せないサッカーでしょうか?
実際には、チャンネル切り替えて両方見ると思いますが。(40代・男性)
●野球の日本代表は強いので安心、だから結果だけ分かればよい。
しかし、サッカーだけは何が起こるか分からないので、ライブで観戦しながら応援したい。(40代・男性)
●世界的な規模感の違いを感じます。サッカーの方が規模が大きい。(20代・男性)

(ソース一部抜粋)
http://japan.cnet.com/release/30030434/
その他コメントはこちらからご覧ください。
http://www.keyman.or.jp/at/30005189/




早稲田大学のアメリカンフットボール部員計50人処分! 風呂場のぞきや飲酒強要

1 お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 投稿日:2012/09/20(木) 09:09:31 ID:???0

早大のアメフト部員計50人処分! 風呂場のぞきや飲酒強要

早大 アメフト

関東1部リーグに所属する早大アメリカンフットボール部の部員計50人が、8月の夏合宿中に
女性用の風呂場をのぞいたり、未成年者へ飲酒を強要したりしたとして、出場停止処分を受け
たことが19日分かった。 1〜3試合の出場停止処分を受け、部も8月25日から10日間の
活動停止処分を受けた。

早大によると、8月6日から15日間、新潟県妙高市で行われた合宿中に、男子部員約30人が宿泊
していたホテルの女性用の風呂場をのぞいたという。

また、合宿最終日の打ち上げでは、上級生約20人が未成年の下級生に酒を飲ませるなどし、暴力
行為もあったという。いずれも部の内部調査で発覚した。
同部は学生王者を決める甲子園ボウルに2度出場している強豪。

飲酒を巡っては、今年5月、北海道・小樽商科大アメリカンフットボール部員が上級生から酒を
強要され急性アルコール中毒で死亡する事件が起きている。

http://digital.asahi.com/articles/TKY201209190950.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201209190950



【柔道】内柴正人被告、“獄中再就職”していた

1 かばほ〜るφ ★ 投稿日:2012/09/16(日) 14:31:58 ID:???0

柔道、金メダリスト内柴正人被告、“獄中再就職”していた

内柴正人  

泥酔した教え子の大学女子柔道部員を性的暴行したとして、準強姦罪に問われたアテネ、北京
両五輪の柔道男子66キロ級金メダリストの内柴正人被告(34)の初公判が12日、東京地裁で
開かれた。被告側は「合意の上だった」と無罪を主張。一方、この初公判の裏で驚くべき事実が
本紙の取材で判明。何と、保釈も認められない内柴被告が“獄中再就職”していたというのだ。

内柴被告はすでに同大を懲戒解雇され、全日本柔道連盟からも指導者登録停止処分、さらに
さまざまなバッシングも受けて、社会的制裁を受けている。加えて、今回の裁判で実刑判決が
下されれば、再起の芽が完全に断たれる。 本来なら、小さくなってしかるべきなのに、なぜか
内柴被告は落ち着き払っていた。それもそのはず、実は同被告はすでに手を打っていたのだ。

「実は昨年12月から年明けぐらいに、内柴さんは食品販売や物流などを扱う大阪の会社に
就職しているんです。その会社は知り合いのところで、内柴さんの全面支援を約束している。
(出社できない状況の中で)すでに平取(常務や専務の役職のつかない取締役)として
迎えられているはずです」(内柴被告をよく知る関係者)

なんと、保釈も認められていない“獄中”で再就職していたのだ。経済的なバックアップ態勢が
いち早く整ったことで、妻のあかりさんも離婚することなく、今回の裁判をサポートしているという。
これには「準強姦罪に問われながら社会的に復帰するなんて許されるのか」と反発の声も
上がりそうだが、同被告陣営は本気で無罪を主張しているため、ためらいは一切ない。
初公判後、弁護団を通して発表した内柴被告のコメントは、その心情をよく物語っている。

「勝っても非難する人はいる。全てを失っても信じて待っていてくれる人はいる。その人たちの
ために僕たちの名誉のためにこの裁判を最後まで闘い抜きたいと思います」
前代未聞の金メダリストの準強姦裁判。“汚れた英雄”の徹底抗戦が始まったが、果たして…。

東スポweb
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/38440/



【調査】3~12歳の好きなスポーツは? 1位サッカー(34.3%)

1 ◆Grampus/xc @跋扈ん跋扈ん大統領φ ★ 投稿日:2011/01/01(土) 02:01:42 ID:???0

3-12歳の好きなスポーツは? オリンピックが後押しか…バンダイ

なでしこ オリンピック

バンダイは3歳から12歳の子どもの保護者を対象に「お子様の好きなスポーツは何ですか?」という
テーマのアンケート調査を実施。1位は男女ともにサッカーで、34.3%という結果になった。

コメントでは、「サッカーが好きです。なでしこジャパンの影響ですね」(4歳女児の母親)や
「サッカークラブで将来の長友選手を目標に頑張っています」(8歳男児の母親)などのように、
なでしこジャパンの活躍は女の子がサッカー好きになる大きなきっかけとなったようだ。
男の子も日本代表選手や海外で活躍する選手に憧れてサッカーを好きになるケースが多い。

総合2位の水泳は「北島康介選手に憧れ、オリンピックに出るのが夢」(10歳女児の母親)など、
日本代表選手の活躍により、子どもたちの間で圧倒的人気のスポーツとなった。また、健康面や
体力面からも親が子どもに習わせたいスポーツのひとつのようだ。総合4位にランクインした体操も、
ロンドンオリンピックでのメダルラッシュが子どもたちに影響を与えたと考えられる。 

総合3位は野球で、全体の11.1%。「家族で野球ファンで、主人は監督、長男も中学校で野球部に
所属しています」(6歳男児の母親)と、世代を超えて楽しめるスポーツであり、甲子園の高校球児や
プロ野球選手は、いつの時代も憧れといえる。

総合5位はドッジボール。「姉妹や近所の中学生、友達と一緒にやっています」(9歳女児の母親)など、
身近な友達と休み時間や放課後に簡単に始められるスポーツということで人気のようだ。

http://resemom.jp/article/2012/09/13/9826.html

◆「好きなスポーツは?」アンケート集計結果
・総合
1位 サッカー
2位 水泳
3位 野球
4位 体操
5位 ドッジボール

総合

・男子
1位 サッカー
2位 野球
3位 水泳

男子 スポーツ

・女子 
1位 水泳
2位 サッカー
3位 縄跳び

女子 スポーツ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。