スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アラブの富豪】タラール王子「自家用機にA380買うわ。412億円とかお手頃価格すぎワロタ」

1 アンデスネコ(大阪府) 投稿日:2012/12/23(日) 11:16:05 ID:???0

アラブのタラール王子412億円の自家用機を購入

【アラブの富豪】タラール王子   

feeed

ロンドン=佐藤昌宏】世界有数の富豪として知られるサウジアラビアのワリード・ビン・タラール
王子(57)が、世界最大の旅客機エアバスA380を自家用機として購入、来年早々にも引き
渡しを受けることがわかった。

20日付英紙インデペンデントが伝えた。

購入費は、同機の標準仕様の2倍近い、推定約3億ポンド(約412億円)。「空飛ぶ宮殿」に
なるとされ、 機体上部には4室のスイートルームやグランドピアノと10席の観客席を持つ
「コンサートラウンジ」に会議室、下部には大理石張りの浴室や車庫が完備されるという。

王子は全長約200メートルの世界最大級のヨットを所有するほか、すでに自家用機と
して大型旅客機ボーイング747を使用している。
(2012年12月23日10時09分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121221-OYT1T01146.htm?from=main4



スポンサーサイト

【韓流】ジャッキー・チェン、「韓国のアイドルグループ、似ていて区分がつかない」

1 ポポポポーンφ ★ 投稿日:2012/12/02(日) 19:38:52 ID:???0

ジャッキー・チェン、「韓国のアイドルグループ、似ていて区分がつかない」

ジャッキー  

ジャッキー・チェンは音楽授賞式MAMA(Mnet Asian Music Awards、
以下MAMA)に参加して、韓国の取材陣と公式記者会見を開き、「韓国の歌手では
チョ・ヨンピルが最も好きだ」と話した。30日夜、香港コンベンション&エキシビジョン
センターで開かれた2012MAMAに参加したジャッキー・チェンは、映画『Chinese
Zodiac』で共演したユ・スンジュンを同伴して、「現在他の監督にもユ・スンジュンを
紹介しているので、認知度が高まっている」と話した。

ユ・スンジュンは現在ジャッキー・チェンの所属会社JCグループと専属契約を結んでいる。
ユ・スンジュンはMAMAのレッドカーペットに登場し、依然として健在な姿を見せ
「アンニョンハセヨ」 と短く挨拶した。

最も好きな韓国歌手を尋ねると、「チョ・ヨンピルの他に思い浮かぶ人がいない。
しかし関心は持っている。 最も関心があるのは『江南スタイル』だ。グループは全て似ている」
と信念のある言葉を残した。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1202&f=entertainment_1202_013.shtml



【海外芸能】Mr.ビーン引退

1 THE FURYφ ★ 投稿日:2012/11/21(水) 08:18:40 ID:???0

「50代の人間がこういった子供じみたことをやるのが悲しくなってきた」
ローワン・アトキンソンがMr.ビーン引退


mr.ビーン

英人気コメディードラマ「Mr.ビーン」で知られる俳優ローワン・アトキンソン(57)が
「Mr.ビーンから引退する」と宣言した。英紙デーリーテレグラフに語った。その理由を
「商業的には成功したが、50代の人間がこういった子供じみたことをやるのが
悲しくなってきた」と説明。さらに「年々あまりやりたいと思わなくなってきた。
今後はシリアスな役をやっていきたい」と話している。

「Mr.ビーン」シリーズは、90年から5年間放送された。自己中心的な男が巻き起こす
騒動を描く喜劇で、アトキンソンのコミカルな表情や動作が人気を呼んだ。日本を含む
世界94カ国でも放送され、「現代のチャプリン」の異名をとるまでになった。その後も
「ビーン」「Mr.ビーン カンヌで大迷惑!?」と映画も製作され、07年にはテレビで
新作ドラマも放送された。世界的な人気者になり、日本にも数回来日、日産自動車の
CMにはMr.ビーンのキャラクターで出演した。今年夏のロンドン五輪開幕式では
「Mr.ビーン」としてロンドン交響楽団と一緒に演奏して会場を沸かせたばかりだった。

実はアトキンソンは「Mr.ビーン」だけで評価されることに抵抗を持っていた。98年には、
キャラクターだけが独り歩きしてしまったことへの反発もあって俳優業を一時休養。
最近は主演コメディー映画「ジョニー・イングリッシュ」シリーズがヒットするなど、
「Mr.ビーン」のイメージからの脱却に成功している。“引退”を宣言しても俳優として
十分やっていけると判断したようだ。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20121121-1049670.html








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。